妊娠中は脱毛治療を受けることができません

2015年7月28日その他注意事項, 脱毛する際の注意事項, コラム

 ミュゼプラチナムは、ムダ毛の悩みを解消できる美容脱毛サロンです。両わきなど全身の脱毛に対応しており、ミュゼプラチナムではこれまでに多くの方のムダ毛の悩みを解消してきました。高い技術力、最先端の医療技術、親身なカウンセリングなどの特徴を持っており、効果の高い美容脱毛を受けることができます。

 ミュゼプラチナムは、その実績の高さから美容脱毛サロンNo. 1に輝いており、顧客満足度の高い脱毛サロンとして、多くの方々に利用されています。「美容脱毛がはじめての方」、「低価格で施術を受けたい方」、「おしゃれをもっと楽しみたい方」、「全身の隅々までお手入れをしたい方」など、さまざまな悩みに対応できるので、顧客満足度が非常に高い美容サロンとして有名です。

 ミュゼプラチナムは、顧客満足度の高さから口コミやご紹介で利用する方が多いため、どんな方でも安心して利用可能です。これから美容脱毛に挑戦してみようという方はミュゼプラチナムに相談することをおすすめします。なお、一般的に妊娠中の方は、美容脱毛の施術を受けることができないとされていますが、ミュゼプラチナムではどうなのでしょうか。ここでは、ミュゼプラチナムの施術やカウンセリングの魅力と合わせて、妊娠中でも脱毛の施術が受けられるのかどうかについてご紹介します。

妊娠中は脱毛治療を受けることができません

・施術の不安や疑問を取り除く、ミュゼプラチナムのカウンセリングと施術

・妊娠中は施術を受けることができない理由

・ミュゼプラチナムでは妊娠時、施術を中断

・ミュゼプラチナムでは不妊治療中は問題なく受けることができる

・施術の不安や疑問を取り除く、ミュゼプラチナムのカウンセリングと施術

 ミュゼプラチナムの施術の特徴は、効果が高く痛みも少ないという点。最先端の美容脱毛技術であるS.S.C.方式を採用しており、少ない痛みで確実に脱毛を進めることができます。S.S.C.方式は光を使った脱毛方法で、肌を傷めることなく確実に毛根にダメージを与えていきます。

 ニードル法などの脱毛方法に比べて、光を使った施術は痛みが少ないといわれています。とはいえ、それでも肌へのダメージを完全になくすことはできません。そのため、光による美容脱毛であってもある程度の痛みは我慢しなければなりません。しかしS.S.C.方式は美容成分プラセンタエキスを配合したローションやジェルを肌にたっぷりと浸透させてから施術を行うため、一般の光による脱毛よりもさらに少ない痛みで施術を受けられます。また、ミュゼプラチナムではそのほかにも痛みを少なくするためのさまざまな提案が可能です。

乾燥した肌も施術中の痛みを強めてしまう原因となっています。乾燥した肌はいわば肌に傷がついた状態。神経が敏感になっており光の刺激をダイレクトに受け取ってしまいます。そのため、ミュゼプラチナムでS.S.C.方式を行う際には、ローションやジェルをたっぷりと肌に浸透させて、肌にゆっくりとうるおいをもたせてから施術をはじめます。

 ミュゼプラチナムでは、カウンセリングを通して保湿ケアなどのアドバイスも行っているので、乾燥肌による施術の痛みにも対応することができます。また、高い技術力と丁寧な施術でお客様の苦痛を最小限に抑えることができます.痛みが強くて美容脱毛になかなか挑戦することができないという方は、ミュゼプラチナムに自分の悩みを相談してみましょう。ミュゼプラチナムでは、お客様の施術中の痛みに対応するために要望を細かくヒアリングし、よりより状態で施術を受けることができる環境を提供しています。

 また、生理や妊娠が脱毛にどのような影響を与えるのかという点も女性として気になる所。ミュゼプラチナムのカウンセリングでは生理や妊娠について、不安がある場合はなんでも質問することができます。

 一般的に、妊娠中は美容脱毛を受けることができないとされていますが、ミュゼプラチナムでは妊娠中の方でも一旦お休みを挟むことで美容脱毛を受けられるコースをご用意しています。ここでは、ミュゼプラチナムで受けることができる妊娠中の美容脱毛コースについてご紹介します。

・妊娠中は施術を受けることができない理由

 一般的な美容脱毛サロンでは、妊娠中もしくは妊娠の疑いがある方は施術を受けることができない場合が多くなっています。その理由はいくつかあります。ひとつは、妊娠によるホルモンバランスの崩れです。妊娠は女性の身体に大きな変化をもたらします。

 妊娠中にのみかかる病気があるほどに、ホルモンバランスは女性の身体に大きな変化をもたらせるため、その時期に美容脱毛などの施術を受けると体調を崩してしまったり、肌のトラブルの元になってしまったりするのです。ホルモンバランスの変化によって肌が敏感になると施術による痛みも強くなってしまいます。そのため、妊娠中や妊娠の疑いがある場合は、美容脱毛を控えた方が望ましいといえます。なお、妊娠によるホルモンバランスの変化は毛周期にも影響を与えます。

毛周期が乱れると、脱毛の効果が著しく悪くなってしまいます。妊娠前と同じ強さで光を照射しても妊娠中の場合は痛みが強く、肌荒れなどのトラブルの原因となり、脱毛の効果も非常に低くなっているので美容脱毛を受けることができないのです。

 光の照射による退治への影響は少ないと考えられているため、妊娠中に美容脱毛を受けることもできます。しかし、効果や痛み、肌への影響という観点からみれば、妊娠中や妊娠の疑いがある方は妊娠前や出産後に美容脱毛を受けた方が賢明といえるかもしれません。

 ミュゼプラチナムでは、このようなさまざまな妊娠中の美容脱毛による問題を解消して、安心して受けることができるコースをご用意しています。妊娠中または妊娠に疑いがある方は、まずはミュゼプラチナムに相談してみてはいかがでしょうか。

・ミュゼプラチナムでは妊娠時、施術を中断

 一般的に、妊娠中または妊娠の疑いがある方は、美容脱毛を受けることができないとされています。ミュゼプラチナムでも妊娠が発覚した時点で施術を休止します。そのため、妊娠中は施術を受けることができません。
妊娠発覚前に施術を行っていた場合、施術で使う光が母体や胎児にどのような影響を与えるのか心配になる方もいらっしゃると思いますので、以下ではミュゼプラチナムの施術と妊娠への影響についてご説明いたします。

 妊娠中の方は、光の照射などによる胎児への影響を考えるかもしれません。この点、ミュゼプラチナムのS.S.C.方式で用いられる光では、胎児への影響はまったくありません。そのため、もしも妊娠が発覚したタイミングよりも前にS.S.C.方式による施術を受けていたとしても、それが原因で流産してしまったり胎児が病気にかかってしまったりというようなことはないため、安心して美容脱毛の施術を受けることができます。

 なお、妊娠中のホルモンバランスの乱れによって女性の身体や体調は変化するため、施術中の痛みが強くなってしまったり、脱毛の効果が弱くなってしまうということが考えられます。そのため、ミュゼプラチナムではすべてのコースで妊娠が発覚した時点で施術を中断して、出産後にまた施術を開始できる体制をとっております。

 光が母体に何かの影響を与えてしまうということはありませんが、痛みが強く効果が弱いとなると、ミュゼプラチナムのS.S.C.方式の効果を実感することができなくなってしまいます。そのため、一度中断してホルモンバランスが安定してからもう一度ミュゼプラチナムで施術を再開いただけるようにしています。もしもミュゼプラチナムで美容脱毛を行っているときに妊娠が発覚した際は、できるだけ早い段階でミュゼプラチナムにお伝えください。

 出産後に改めて施術を開始することで、ミュゼプラチナムの美容脱毛の効果を実感いただくことができます。なお、妊娠中に一度美容脱毛の施術をストップさせる背景には、万が一の事態から母体と胎児を守るという意味も含まれています。ミュゼプラチナムは民間企業の脱毛サロンであり、一般的な医療機関ではありません。そのため、万が一妊娠中に脱毛の施術を行って母体や胎児に問題が発生した場合に、必ずしも万全な対処をすることはできません。そのため、母体と胎児を守るためにも妊娠中の施術は一旦ストップした方が良いと考えています。

・ミュゼプラチナムでは不妊治療中は問題なく受けることができる

 ミュゼプラチナムが利用しているS.S.C.方式の光は、胎児や母体に悪影響を与えることはありません。また、それが原因で妊娠がしにくくなったり、不妊になってしまったりということもないため、不妊治療を行っている人でも、ミュゼプラチナムの美容脱毛を受けることができます。

 不妊治療によってホルモンバランスが崩れてしまわない限りは、問題なくミュゼプラチナムのS.S.C.方式の効果を実感していただくことができるので、利用をおすすめします。

 その他の美容脱毛の施術を開始するにあたって不妊治療や妊娠に関わる疑問や不安がある場合は、ミュゼプラチナムのカウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。。